雑記

クロマキー合成について

1.クロマキー合成って何?

初めましてこのサイトの主人公クロマキトカゲです

日々へんてこなクロマキー素材を制作しています!そこで クロマキーとは何かについてまず知ってもらえるように トカゲなりに記事にしたいと思います

・クロマキー合成のクロマキーってどういう意味?

先ず初めにクロマキー合成のクロマとはという意味で語源はギリシャ語だそうです!

ギリシャって聞くとアルファ―とかガンマーとかベータとかギリシャ文字のイメージがあるけど クロマもギリシャ由来なんですね!

さてお次はキーイングです!映像処理技術の一種にキーイングというものがあってそれらを合わせてクロマ(色)キー(キーイング)と呼ばれているみたい!

ちなみにクロマキー合成では(アルチマット)や(プライマットキーヤー)や(キーライト)といった専用の合成ソフトが多く用いられているそうですw
(ん・・・そこまでいったら専門的過ぎて わ わからんです)

・キーイングって何?どんな技術?

さて気を取り直してキーイングについてですが ウィキペディアによると「特定の色の成分から映像の一部を透明にし、そこに別の映像を合成する技術。」とありました!

まさにそのままですが よくわからないっていう方のために画像を用いて説明したいと思います!

先ずは特定の色を一色選びます すると選んだ色の部分が切り抜かれます そこに別の映像を重ねるといった具合です

2.クロマキー合成でできること

・表現の幅が広がる

クロマキー合成ができると普通なら撮影ができない場所 例えばゲームの中の世界でも合成すればそこにいるかのように見せたりできちゃう!

他には地割れを表現したり 転がる大きな岩から逃げているようにも表現したり いろんな表現の可能性が広がる

3.必要な道具(撮影での場合)

・最低限必要な道具

クロマキー合成を個人で行う場合は以下のモノが必要になる(撮影での場合)

○撮影用のカメラ
ビデオ撮影ができるデジカメかビデオカメラまたは最近はスマートフォンでも大丈夫

○GB(グリーンバック)布
キーイングの時に背景を切り抜きやすくするために必要 Amazonで入手可能(グリーンバック布)で検索
BB(ブルーバック)もあるけれどGB(グリーンバック)が選ばれる理由は 肌の色との混ざりにくさやブルー色よりチリ(ノイズ)の出ない合成がしやすいことが関係している

○照明
影はクロマキー合成での大敵!! 影をコントロールしてできるだけ映像に映り込まないようにするためのアイテムとして照明は必要
ただし照明も光が強すぎたりすると かえって光の当たった箇所が白くなりすぎて切り抜きが上手くいかなくなるので注意

・環境

可能な限り無風の環境がベスト! 屋外よりも屋内の方が適している

風が吹くとグリーンバックの布がゆれて影ができてしまうため背景切り取り時失敗してしまう原因になる ただしそれでも屋外で撮影をしたい場合は 壁が一色塗りの場所を選んで撮影を試みる等工夫が必要

被写体と背景は影を薄くするためにできるだけ離れることが大切 そうなってくると背景のGB布は大きめのサイズを購入する必要がでてくる 結果的にある程度広い空間が必要になる

撮影時の好ましい服について 背景色と反対色の色に近いものを選ぶと 背景との境界線にメリハリがでて切り取りが成功しやすい

4.まとめ

・クロマキー合成とは・・・キーイングと呼ばれる映像処理技術の一種

・クロマキー合成でできること・・・表現の幅を広げることができる

・必要な道具・・・ビデオ撮影ができるもの(スマートフォンでも可能)・グリーンバック布(Amazonで購入可能)・照明(広がりがあり強すぎないもの)

・環境・・・無風環境が最適 被写体と背景は離れられるように広い空間とGB布は大きめが必要 洋服はグリーンバックの反対色(赤周辺)の色に近いほど好ましい